家族のサポートが大切なシステムエンジニア

システムエンジニアの仕事は情報技術を駆使して世の中で役立つシステムを考案することです。
企業において作業の効率化を図るためのシステムであったり、円滑に情報通信を行うためのシステムであったりと、取り組める課題は多岐に渡ります。また、唯一の解があるわけではなく、効率性を求めるものであれば、それを追求していくとさらに良いものが思い浮かぶ可能性もあり、向上心が高ければ高いほど際限なく時間を費やして仕事に励むことになります。いわば無限の可能性を秘めているのがシステム開発であり、考え方によってはシステムエンジニアは、自分の考案したシステムが不十分かもしれないという不安を常に抱え続けなければなりません。そういった仕事の性質上、うつ病になるリスクを抱えています。

_うつ病は自分では気づきにくいという性質があります。そのため、周囲からのサポートが大変重要になります。多忙な毎日を送るのが一般的なため家庭を築かずに独身で過ごす人もいますが、こういったときに最も大きなサポートとなるのは家族です。最も働ける20代、30代の時期にうつ病になってしまってエンジニアとしての仕事をろくにできずに終わってしまっては寂しい人生となってしまうでしょう。そうならないためにも早いうちから結婚生活を送れるようにすることが大切です。多忙な毎日を理解してくれる異性と出会い、結婚できれば精神衛生上良好な状態で日々を過ごせるでしょう。

No Comments, Be The First!

Your email address will not be published.