システムエンジニアとうつ病の関係性や対策

現在社会においての重要な社会問題となっている「うつ病」であるが、発症すると、仕事のミスが度重なりスムーズな作業を行えなくなる上、重度になると職場への復帰が困難となったり、最悪の場合では自殺に至ってしまったりします。一般的には、真面目・几帳面・責任感が強いタイプの人が発症しやすい傾向にあり、その中でもシステムエンジニアを始めとするIT業界で働く人達が占める割合は非常に高いです。システムエンジニアという職業は、残業にかける時間や休日でも出勤することが多く疲労が蓄積しやすい上、人間関係・待遇などの面でのストレスや不満、将来への不安、成果主義による重いプレッシャーなどを感じがちであり、この様な事柄がうつ病に繋がる主な原因例として挙げられます。

_うつ病への理解は確実な広がりを見せており、メンタルヘルスへの対策を立てる企業は年々増加しています。具体的には、カウンセリングや、リハビリ勤務の支援、現場へ復帰するためのコンサルティングなどが行われます。

_しかし、最も重要なのは自らケアすることであり、病院や保険所などの心療内科を扱う施設の活用は非常に有効的な手段です。身体や精神の不調を感じたら長期的な休みを設けるということも予防策の一つです。

_過酷な仕事内容であったり、激務を必要とされるなどの環境に置かれているケースは、健全性の高い職場探しやフリーランスを検討することによって心身への負担を軽減するべきです。
このように、システムエンジニアの自己管理の徹底が業界で存続するための1つの対策だと言えるでしょう。

No Comments, Be The First!

Your email address will not be published.